今日の満月、京の満月

一个人过中秋,今年是头一回。 一人で過ごす中秋って、生まれて初。 小学中学那些年我住奶奶家,每年中秋傍晚,爸妈还没到家,奶奶在厨房忙活,我吃着月饼陪爷爷喝酒,顺便听他数落我叔叔今年又不回来。每年重复着同样的台词,嗔怒中些许宠溺的口气:“你长大了可不能学你叔,成天在外面瞎忙活,连团圆饭都不回来吃,太不像话了!” 小中の頃はばあちゃんの家に暮らしてた。毎年の中秋、親まだ帰って来てない夕方、ばあちゃんはキッチンで料理に追われ、じいちゃんは先に飲み始めた。私の役は、月餅を食べながらじいちゃんにおじさんの悪口を聞いてあげることだった。毎年同じセリフで、怒るふりで可愛がるように聞こえた。「大人になったら、絶対あいつのようになっちゃダメだよ。毎日なんやかんやで忙しいって、団欒も帰らないなんて、実にみっともない!」